RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
将棋の日
DVC00048.jpg
散歩で出会った花

草津で、7時に目を覚ます。女房は、中澤ウ゛レッジ恒例の朝の散歩に出かけてしまった。7時半になったので、コンビニのセイブオンに出かける。キャンディを買う。
帰ってから温泉に入る。白根山の中腹から湧き出ている万代鉱の温泉である。私には好きな湯だ。
お昼は、パティオでざるそばを食べる。
2時から六兵衛さんの講談を聞きに行く時間だ。フロントの奥だと言うのでフロントに行くと、テルメテルメだと言うので、地下通路を通り、テルメテルメの和室に行く。
講談は、草津温泉の民話を素材に温泉に入るコツを話してくれた。
九兵衛さんが、夜草津の湯に入りに行くと、既に老人が入っており、いい月ですねと言うと極楽極楽といい、いい湯だなあ、楽しいなあとも言う。湯から上がると老人は、九兵衛さんの酒を飲んでいる。明日また会おうと言って老人は帰ってしまう。結局山のタヌキが騙しに来ていたが、騙すだけでなく、ききょうさんと言う恋人との間も取り持ってくれた。それらを踏まえて、温泉に入る三つのコツは、ー然を感じて入る
⊃缶世襪して入る E鬚△りを大切にする。
自然を感じ、心明るく、楽しい湯上がり、これが湯浴みの三つのコツである。

今日歩いた時間は、1時間半程度である。

今日は、将棋の日、日本将棋連盟が1975(昭和50)年に制定した日である。
江戸時代、将棋好きの8代将軍徳川吉宗が、この日を「お城将棋の日」とし、年に一回の御前対局を制度化した。
author:湧泉, category:-, 22:36
comments(2), trackbacks(1), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:36
-, -, pookmark
Comment
草津で講談を聞けるなんて、何と幸せなことよ。その中身も、なかなか有益な話だったようで、小生も参考にさせていただきたい位です。
自然を感じ、心明るく、楽しい湯上がりとは、先日、那須温泉に入る前に聞いておけば良かったと思います。
ところで草津は、海抜が高いので寒いのではないかと思います。
風邪など引かないよう、くれぐれもご自愛下さい。
春日秀夫, 2008/11/18 8:46 AM
民話からヒントを得て、湯あみのコツまで結びつけちゃうなんて、大変な知恵者です。草津のお湯は、3つあるそうですが、中澤ヴィレッジで全てを味わうことが出来るそうです。
湯畑、万代鉱、わたの湯だそうです。
かとちゃん, 2008/11/18 8:22 PM









Trackback
url: http://ozmaronie.jugem.jp/trackback/186
御前対局のこと
ブログから検索 今日は何の日? 「将棋の日」江戸時代に歴代の将軍の中では家康と並んで最も将棋好きであった徳川吉宗がこの日を「お城将棋の日」として毎年御前対局を実施したということから日本将棋連盟が1975年に制定したとのことです。但し今年の「将棋の日」のイベ
人気ブログの最新情報, 2008/11/23 6:09 PM